活動報告

緊急事態宣言の全面的な解除が決定


先程、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が開かれ、全国に出されていた緊急事態宣言の全面的な解除が決まりました。

まずは、外出自粛など、様々な行動制限にご協力を頂きました、全ての国民の皆さんへ感謝申し上げます。

私もこの間、外務大臣として外務省の陣頭指揮を取り、在外邦人・渡航者への危険情報の発出、海外在住の邦人の早期帰国支援、入国制限等の水際対策の徹底強化、各国外相や要人などとの電話会談など、全力で対応にあたりました。電話会談は連日行い、本日までで、37回の二国間会談・日中韓外相テレビ会議・G7外相テレビ会議などを通じ、情報の共有や国際連携に力を注いできました。

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルスとの戦いが終わったわけではありません。我々は今、戦後最大の危機に直面し、その影響は様々な分野に及んでいます。しかし、この危機を乗り越える過程は、50年、100年に一度の大改革を実現する「時代」でもあります。日本にはそのポテンシャルがあります。朝の来ない夜はない。きっと、明日は快晴だと信じています。引き続き、国民の皆さんと共に前進していきます。