活動報告

ラトビア訪問

  


  




バルト三国歴訪の二か国目、古くからバルト海の交通・通運の要衝・港湾都市として栄えたラトビアのリガに来ています。
日本は100年前にラトビアを世界で最初に国家承認した国の一つです。今日は、これを記念して植樹を行いました。この木のように、日本とラトビアの関係が末永く成長していくことを期待しています。ちなみに、加藤登紀子さんのヒット曲「百万本のバラ」の原曲は、ラトビアの文化大臣だったパウルス氏が作曲したもので、同氏は昨年、旭日中綬章を受章しています。
ラトビアでは、カリンシュ首相、リンケービッチ外相と会談を行い、本年の日ラトビア「友好100周年」の機会を捉えた二国間関係の強化や、バルト海の物流拠点であるラトビアとのインフラ協力など経済面での協力促進を確認しました。リガ空港はフィンランドのヘルシンキ空港と並び、EUの主要空港の中で、日本や東アジアから最短距離にあります。
また、「自由で開かれたインド太平洋」についてラトビアから力強い支持を得たほか、中国、北朝鮮、ロシア等地域情勢や国際社会が直面する重要課題について率直な意見交換を行いました。