活動報告

自民党香川県連大会

  


本日は自民党香川県連大会に出席するため高松市を訪れました。平井たくや県連会長のもとで集まっていただいた多くの方々を前に、党本部を代表して講演を行いました。
自動走行や人工知能などいわゆる「第4次産業革命」の新技術を社会実装することで、地域での生活がより豊かになるといった話をさせていただきました。具体的な取組み事例を紹介しながら、わかりやすくお伝えすることができたのではないかと思います。
来週から6月に入り通常国会の会期も残りわずかとなります。「テロ等準備罪の法案」や「天皇の退位に関する法案」、「衆議院の区割り法案」など、これから重要法案の成立に向けて山場を迎えます。引き続き、経済対策や社会保障、地方創生など幅広い分野で「しっかり結果を出す」との思いで国会審議に臨んでいきます。